忍者ブログ

洋野スポーツクラブ (HOTCLUB ホットクラブ)

岩手県洋野町(ひろのちょう)の洋野町総合型地域スポーツクラブ(洋野スポーツクラブ)のBlog(ブログ)です。  当クラブは2012年2月末に生まれました。  洋野スポーツクラブの略称はHOTCLUB(ホットクラブ)ですが、HOTの由来は「Hirono(洋野)町は旧Ohno(大野)村と旧Taneichi(種市)町」が合併してできた町であることからきています。HOTには『クラブが会員らに熱っちく支持され、熱っちい事業を展開でき、町全体がますます熱っちいという状況を作っていければいいね!』という願いが込められています。    このBlogはクラブ会員や洋野町ゆかりの皆様向けに、スポーツクラブ事業関連のお知らせや地域のイベント開催の様子などを発信しています。 成熟しきった大人が溢れる洋野町(65歳以上の人口が多い)からの情報発信をお見守りください。   当クラブは「町民の皆様の健康増進に貢献するHOTCLUB!」「町の宝物、子供達の健やかな成長に貢献するHOTCLUB!」「町民の皆様の健康がクラブの幸せ!」をモットーに運動の場を提供する活動をしております。 なお、洋野SCはtoto(スポーツ振興くじ)の助成を受けて運営しております。 totoは岩手県内で買いましょう!!   facebookはこちらhttps://www.facebook.com/hironosc

毎週(木)19:00~21:00 卓球・バドミントン




8月29日(木)19:00~21:00 卓球・バドミントンの生涯スポーツ事業の様子です。

この写真は、澤口マネジャーが体育館のカメラを借りて撮ったものです。いつもとちょっと違います。(当方は、木曜日は硬式野球教室担当でオーシャンビュースタジアムに行っており、この頃卓球・バドミントンの事業風景が撮れていませんでした。)

そしてまた、当然のようにいつものカメラは安藤個人の所有物。 あぁ、貧乏クラブに幸あれ!(^^)



バドミントンの様子


卓球の様子

拍手[0回]

PR

7月11日(木) 卓球教室、バドミントン教室

今日は、洋野スポーツクラブが一番込み合う夜間事業の卓球とバドミントンの教室です。

暑くなったこの時期、バテバテでしんどくても、スポーツで身体を動かした汗は心身をスッキリさせますよね。

こんな暑いときそんなに人が集まるわけがない!って? そう思うでしょう・・・。

↓これらが証拠の写真ね。


★卓球やってる人達 

スポーツクラブの一大勢力?(卓球協会さんは動員力がすごいんです、はい)。
今日の参加者名簿はな、なんと55人!! 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 こりゃすごい・・・。
私が記憶してる中では最大の記録なんではないかな?? 4時前から体育館に来ていた県大会が近い中学生卓球部やその先輩達?が指導に来てることもある様子だね。
(後で確認したら、参加票の名簿に出席をつけない会員が多くて、澤口マネジャーが記憶を頼りに参加印をつけた結果の人数。来週にでも本人らに再ちぇっくしてもらいます。みなさんつけ忘れしないでください。( ゚д゚)ノ ヨロシク)


卓球台は5台×3列で、15台並べてる。
(10年、20年ものの長寿な台多し!、傷の無い台がほしい!って声が聞こえて来ているけれどもね。贅沢は敵!? )
ただ、今年は卓球協会に寄贈される卓球台があって、ここ種市体育館にも数台置けるのではないかとのこと。ありがたやありがたや。

クラブとしては、若者からシニア世代まで、幅広く使用させていただきます。ありがとうございます。
体育館の担当者の倉庫(卓球台置き場)の片付けをお手伝いしました。

 8月以降はシニア向けプログラム(卓球だと敷居が高いということらしいので、”ピンポン教室”のノリで)にチャレンジしてみようと、澤口マネジャーとも話してます。
クラブ会員以外の方も是非遊びにきてください。見学も大歓迎です。


(写真加工済。↑こっち向いてしまった人の顔は許可とってないので加工してしまいました。せっかくのハンサムさんを台無しにしてごめんなさいね。)


★バドミントン教室

バドミントンも参加人数絶賛増加中!\(^ ^)/ バンザーイ
今日の参加者は20人。2面のコートに補助ネットつけても足りない。補助ネットを追加で買う予算が取れるかなぁ・・・。




バドミントンは順番待ちでした。Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!

みなさん、文句も言わず、暑いから休み休みでちょうどいいって言ってくれましたヨ。
やさしい会員さんでよかったねぇ。(´▽`)アリガト!

今日は10分程度で交代してもらうようにしたけれど、
至急、場所を増やす算段をしなきゃね。
勤労青少年ホームの体育館を使う方向で狙っているんだけど、まだ、使い勝手とか確認してないんで、ちょっぴりお待ちを・・・。ポール、ネットの準備や、曜日ずらしや、床が固いから気をつけなきゃいけないとか、検討したいこと多し。

場所、道具の問題だけでなく、参加者が増えて競技技術レベルもまちまち。そんななか、今後の運営をどうしていったらよいのか、そろそろバドミントン協会さん(クラブへの団体登録会員は10名)や、クラブの事業に参加してくれているバドミントン経験者さんの知恵を借りてなんとかせねば。試合形式の緊張した場面もそろそろほしくなってくる時期??

今日も様子を見に来た新顔のキッズがいましたよ。普及を担うバドミントン協会さんもそれを見逃しちゃあ損だよね。
参加者が少なくても、キッズ向け教室に1面を当てるとか、時間を区切るとか・・・。チエを絞らねば・・・。
(後で相談させてくださいませ。)


上にも書いたけど、シニア世代の軽運動としての卓球ニーズはもっともっと掘り起こせそうな予感があります。
卓球協会さんも気にかけてくれている様子。アリガトウ<(_ _<(_ _<(_ _)>_ _)>_ _)>ゴザイマスッ!
中野地域の体育館で月・木曜日の午前に卓球やっているというシニヤ世代の情報をキャッチしたので、それらも合わせて、ここいら辺はクラブの頑張りどころと心得よう!! (`・ω・´)シャキーン

拍手[3回]

プロフィール

HN:
クラブマネジャー粒来
性別:
非公開

カテゴリー

P R