忍者ブログ

洋野スポーツクラブ (HOTCLUB ホットクラブ)

岩手県洋野町(ひろのちょう)の洋野町総合型地域スポーツクラブ(洋野スポーツクラブ)のBlog(ブログ)です。  当クラブは2012年2月末に生まれました。  洋野スポーツクラブの略称はHOTCLUB(ホットクラブ)ですが、HOTの由来は「Hirono(洋野)町は旧Ohno(大野)村と旧Taneichi(種市)町」が合併してできた町であることからきています。HOTには『クラブが会員らに熱っちく支持され、熱っちい事業を展開でき、町全体がますます熱っちいという状況を作っていければいいね!』という願いが込められています。    このBlogはクラブ会員や洋野町ゆかりの皆様向けに、スポーツクラブ事業関連のお知らせや地域のイベント開催の様子などを発信しています。 成熟しきった大人が溢れる洋野町(65歳以上の人口が多い)からの情報発信をお見守りください。   当クラブは「町民の皆様の健康増進に貢献するHOTCLUB!」「町の宝物、子供達の健やかな成長に貢献するHOTCLUB!」「町民の皆様の健康がクラブの幸せ!」をモットーに運動の場を提供する活動をしております。 なお、洋野SCはtoto(スポーツ振興くじ)の助成を受けて運営しております。 totoは岩手県内で買いましょう!!   facebookはこちらhttps://www.facebook.com/hironosc

9月12日(木)硬式野球教室(ナイター)

9月12日(木)18:30~21:00まで オーシャン・ビュー・スタジアム(OVS)で行われた、中学3年生向けの硬式野球教室(ナイター)の様子です。

守備練習。






お兄ちゃんの練習風景を見ながら、ネットにとまったカブトムシを捕まえようとする子。小鳥もネットに激突してして失神してたことも・・・。




打撃練習










最後のダッシュ!


お片づけ。






はい、おしまい。




練習後のミーティング


この整列写真の人数と、練習への参加者名簿(丸付け方式)の人数が合わないことが多いのは、どゆこと?



当スポーツクラブに助成金が出なくなっても、この公式野球教室の事業を継続するとするなら、参加者から教室料金を徴収して収支を合わせる必要が出てくるが、洋野町の生徒さんだと、どれだけ必要になるのか試算してみました。

教室料金のシミュレーション(仮)です。

■ナイター練習の一人当たりの教室料金試算

運営費用に目を向けると、ナイター3時間は電気代が加算されますね。
夜間照明の代金は、1時間あたり3150円なので、3時間で9450円です。
20人の生徒で負担するとすれば、照明代はナイター1回、一人500円。

球場を3時間借りる代金(3150円÷20人=175円)と合わせて1回、一人当たり700円くらい。

講師(コーチ)への指導料金を仮に1回10000円。補助コーチ2人で時間1000円だとして、2人
×1000円×3時間=6000円。

合計コーチ料は、16000÷20=1回一人当たり800円

☆合計 700円+800円 =>1回、一人1500円の徴収

■日中の6時間練習(8:00~17:00球場借り)の一人当たりの教室料金試算

講師(コーチ)への指導料金を仮に1回15000円、補助コーチ2人で時間1000円だとして、2人
×1000円×6時間=12000円 で、一人当たりのコーチ料1400円

☆球場を借りる代金9時間9450円(一人当たり500円)と合わせて一人1回1900円くらい



ボール、バット、グローブ、メット、防具などの用具費を除いた一回分の費用は、
・ナイター(3時間借り)は1500円、
・日中練習(9時間借り)は1900円

今年の18回の練習スケジュールだと合計でいくらになるか?
・日中練習6回=>1900円×6回=11400円/一人
・ナイター練習12回=>1500円×12回=18000/一人
計29400円

これに用具費を加えると、
消耗品の硬式ボール350円×10個(1シーズン一人当たり)=3500円
用具費の積立を年100000円程度(防具、バット、ミットなど)と見込むなら、20人で5000円加算で、計8500円。

★29400円+8500円=>37900円くらいとなる。

37900円(1シーズン一人当たり)


■球場、照明料金を除いた場合の一人当たりの教室料金試算

コストを下げるには、
洋野町の球場費用は行政の支援で免除され続けるとすれば、講師(コーチ)への指導料金と消耗品と用具費だけでまかなえる。

同じように、今年の18回の練習スケジュールだと合計でいくらになるか?
・日中練習6回=>1400円×6回=8400円/一人
・ナイター練習12回=>800円×12回=9600/一人

これに、消耗品のボール代と防具やメットなどの用具費8500円を足すと
★合計=8400+9600+8500=26500円(1シーズン)


助成金が見込めなくなってもこの事業を継続するならこんな感じの教室料金となります。
もちろん、コーチ代金は交渉の余地が有りだとは思えますが、だいたいこんなもんじゃないでしょうかねぇ?
もちろん参加者が20人を超えると一人当たりはもっとお安く設定できます。
26500円(1シーズン)これって、高いですかね?


(計算がおかしかったら、後で、こっそり直します。)




ヽ( ´ー`)ノ まったね~

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
クラブマネジャー粒来
性別:
非公開

カテゴリー

P R