忍者ブログ

洋野スポーツクラブ (HOTCLUB ホットクラブ)

岩手県洋野町(ひろのちょう)の洋野町総合型地域スポーツクラブ(洋野スポーツクラブ)のBlog(ブログ)です。  当クラブは2012年2月末に生まれました。  洋野スポーツクラブの略称はHOTCLUB(ホットクラブ)ですが、HOTの由来は「Hirono(洋野)町は旧Ohno(大野)村と旧Taneichi(種市)町」が合併してできた町であることからきています。HOTには『クラブが会員らに熱っちく支持され、熱っちい事業を展開でき、町全体がますます熱っちいという状況を作っていければいいね!』という願いが込められています。    このBlogはクラブ会員や洋野町ゆかりの皆様向けに、スポーツクラブ事業関連のお知らせや地域のイベント開催の様子などを発信しています。 成熟しきった大人が溢れる洋野町(65歳以上の人口が多い)からの情報発信をお見守りください。   当クラブは「町民の皆様の健康増進に貢献するHOTCLUB!」「町の宝物、子供達の健やかな成長に貢献するHOTCLUB!」「町民の皆様の健康がクラブの幸せ!」をモットーに運動の場を提供する活動をしております。 なお、洋野SCはtoto(スポーツ振興くじ)の助成を受けて運営しております。 totoは岩手県内で買いましょう!!   facebookはこちらhttps://www.facebook.com/hironosc

8月24日(土) 第8回洋野町夏期水泳大会



洋野町自慢のスポーツ施設のひとつである温水プールで小学生向けの水泳大会が開催されました。

写真を撮ってくれ!と、お手伝いに呼ばれましたので行ってきました。
当日、カメラ持って何を撮ろうかな?と、キョロキョロ、スリッパを履いてウロウロしていた怪しいオジサンが私です。(;^ω^)

教育委員会のカメラで撮った写真はそのまま返したのですが、バッテリー切れになってしまったのでいつもの私のカメラでも写しましたのでそれを使って紹介します。
(Blogで紹介しようと持ち込んでました。)

温水プールに入ったことが無いという洋野町の方も多いと思いますので、施設内の写真も撮ってきましたので公開しますね。


まずは入り口(玄関)での受付の様子。


25Mが6コース

シャワールームや着替え用のロッカーも写してくればよかったなぁ。

入り口正面の管理室の中の様子(当日朝の打ち合わせの様子です)


思い思いに各団体さん?が練習開始


顔とか写っていない(遠目や、後ろからの)写真を選んでアップしてます





↑の写真の向正面の2階にガラス越しの観覧席?があるのがわかりますか?
二階の席からプールの様子が覗けます。湿気を直接浴びないで、泳いでいる子供達を見守ることもできる構造になってる。

この二階の奥の部屋には、フィットネス機器(ルームランナーや筋トレ用のトレーニングジム用の機器ね)を置いた部屋があります。
いつかその写真を紹介する機会もあると思います。

いまのところ、トレーニングマシンの指導者が用意できていなのので、そっち方面の定例教室化には手を出していません。需要あるのかな?



さて、大会が始まりますよ!


洋野町水泳協会の会長さんのご挨拶。


教育長に選手宣誓!

さあ、いよいよ緊張の第一レース! 次レースの人と、次の次のレースの人もスタンバイ!


係員がストップ・ウオッチで記録測定


第4コース、○○小学校の△△さん!と、場内アナウンスもあるんです。


位置について! ヨーイ!


スタートのブザー! それ!

スタート台を使う子、使わない子。


レースは白熱! ガンバーッ! 大声援が飛びます。


最後の種目には50M×4のリレー。応援が一番ヒートアップする競技。次の人にリレー


競技のプログラム終了!

お着替えして、表彰式を待つ優勝者たち。


優勝者へは金メダル!

ひとりひとりに、金メダルをかけてあげる教育長さん。よく頑張ったね、おめでとー!


金メダルをぶら下げた優勝者たちと、たたえる皆さん! おめでとー!

おめでとー!

またまたおめでとー! 金メダルたくさんあるね。


えっ、一人で4つの金メダル!? メダルの箱を配ってたとき気付いた。四冠達成のお二人をパチリ。

すごいねー。オリンピックは君らに任せたぞ! 


水泳協会さんからのお話で大会終了。


お疲れ様でした。


このプールは冬場も、室温30℃、水温29℃をキープしているとか。
町民の皆様、利用率が低いともったいない気がしますので是非ご活用くださいな。

水泳協会さんには、スポーツクラブと提携しての事業(例えば、膝の痛い人向けの水中ウォーキング教室開催など)を打診したことがあります。
ここのプールでやっている教育員会主催の水泳教室の講師をやってる知人に聞いたら、常時プールに詰めている係りの人は数人居るのだが、施設の管理の担当なんだそう。で、泳ぎの指導(初心者や初級者へのコーチング)はしない。水泳教室の講師を出来る人は限られているんで、いまやっている以上の教室は無理っぽいかも、ってなお話も。
なんの事業でも、事業は指導者の手配次第ってことになってきます。

この日、泳いでいる時、水を飲んでしまったらしくて、レースの続行が困難になった子をサポートしに、服を着たままプールに飛び込んだ施設管理の担当の方(女性)なら、指導もできそうな気がしたんだが、どうなんでしょうね?思わず(*^ー゚)b グッジョブ!!って思いましたよ。

今年度は洋野町行政の運動施設の利用促進事業の一環として、「公益を目的とする団体である洋野スポーツクラブ」の会員も無料で温水プールが使えるようになりました。(クラブの会員証の提示要。忘れたらいっさいダメね(顔パスNG)。)
水泳を愛好するスポーツクラブ会員の皆様は、当面、各自思い思いの「水泳や水中ウォーキング等」をお楽しみくださいませ。
事業化のアイデアや要望等も積極的にご提案ください。
(注:来年度以降は個人利用の時の料金免除は無くなるかもしれない。クラブ事業に対してのみ、クラブ団体に対して貸し出し(貸切)料金免除となる方向かな?と思います。)

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
クラブマネジャー粒来
性別:
非公開

カテゴリー

P R